住空間「引越し準備」要素TOP >>シックハウスにならない家具選び

「シックハウス症候群」にならないためにも、大切な家具選び。

換気 ”シックハウス症候群”とは、化学物質(ホルムアルデヒドなど)によって健康を害してしまう 病です。”頭痛・めまい・吐き気”などその症状は多岐にわたっています。以前、社会的に大きな 問題として取り上げられ、その結果住宅設計・建設に関連して、建物建材に使用される化学物質の規制 が行われるようになりました。

現在の新築住宅では、法規制により「化学物質を含んだ建材」の使用が制限(現在では、ほとんどの建物 で既成対象となる化学物質をほぼ含まない建材を利用)される中、建物自体の化学物質放出量は基準値を 越えないものとなっています。

そんな背景があるからでしょうか・・今では、ほとんど社会的な問題として取り上げられることがなくなって いる「シックハウス症候群」ですが、ここに大きな問題が隠されているのです。実は、シックハウス症候群 が激減しているというわけではないのです。規制前と比較すれば減少していると考えらますが、現在でも 多くの人々がシックハウス症候群に悩まされているという現実があるのです。
シックハウス症候群が無くなっていない要因には、複数の要素が相互的に作用しているものと思います。


・生活環境の変化に伴った、体質上の要因増加。(アトピー・アレルギー体質など)
・現在規制対象の化学物質は13種類あるのですが、対象外の物質にも反応する可能性がある。
・住宅の高気密化の弊害として、「家具・日用品から放出される化学物質」が蓄積されやすい。
などが要因として存在しているのです。


その中でも、現在最も注意が必要なのが、「高気密化(換気)と家具」の要素なのです。

■化学物質を含まない安心の無垢材家具
タモと桐材のダイニングテーブル
家具.
桐たんす専門メーカーが作る”収納スペース”があるダイニングテーブル。 詳細・購入検討はこちら

■スポンサードサイト

建物の「建材」には規制はあっても、「家具・カーペットなど」の規制は無し

現在、シックハウス症候群に影響を与えると考えられている化学物質は下記の13種類があります。 (厚生労働省の指定化学物質)

揮発性有機化合物 主な用途 指針値
ホルムアルデヒド 壁紙用接着剤・合板・防腐剤 0.88ppm
アセトアルデヒド 接着剤・防腐剤・ 0.03ppm
トルエン 防腐剤・施工用接着剤 0.07ppm
キシレン 塗料用溶剤・接着剤 0.20ppm
エチルベンゼン 施工用接着剤・塗料用溶剤 0.88ppm
スチレン ポリスチレン重合され断熱材等 0.05ppm
パラジクロロベンゼン 防腐剤(衣服等)・芳香剤 0.04ppm
テトラデカン 塗料等の溶剤・灯油 0.04ppm
クロルピリホス 白あり駆除剤 0.07ppm
フェノルカルブ 白あり駆除剤 3.80ppm
フタル酸ジ‐n‐ブチル 接着剤・印刷インク 0.02ppm
フタル酸ジ‐2‐エチルへキシル 壁紙などの可塑剤 7.60ppm
ダイアジノン 農薬・殺虫剤 0.02ppm

その中で毒性・揮発性が強いことから「ホルムアルデヒド」という化学物質が中心的な規制対象物質 となっており、住宅環境の健全性などを簡易的に診断する上では、このホルムアルデヒドの濃度を 調べることとなっています。(建材に対する規制化学物質)

この「ホルムアルデヒド」という化学物質は、塗料・接着剤など様々なものに含まれているもので 特に「家具・カーペット・カーテン」などにも、含まれているものです。近年、化学物質に対する 「環境への影響」の意識が高まってきており、家具なども「ホルムアルデヒドを極力含まない」もの へと推移してきています。

ただし、「建材」とは異なり「家具・カーペットなど」に対する化学物質の規制は無いのが現状です。 (あくまでも製造側の自主的対応)それゆえに、まだまだホルムアルデヒドなどを多く放出する 家具(一部中国製など)も多数存在しているのです。


スポンサードサイト


次へ(NEXT)→安全な「家具」選びの目安