住空間「引越し準備」要素TOP >>フローリング管理

スポンサードサイト

戸建て住宅・マンション床材の「フローリング」化

フローリング もともとの英語表記での「flooring(フローリング)」とは、『床材』を意味した言葉(単語) なのですが、日本において広まった「フローリング」は、『木質系床材』のことを意味しています。

近年、建売住宅・マンションにおいての床材は「カーペット」仕様はほとんど無くなり、今では 「フローリング」仕様となっているのが通常です。これは”掃除のしやすさ””ダニ対策”といった 側面から多くの人に支持を受けているのが要因といわれています。

そういう住宅に伴って、「引越し前」の準備として「フローリングのワックス対応やコーティング施工 の有無」に悩む方が増えています。
特に新築住宅・マンションへ引越しをするとなった時、フロアーコーティング業者からの積極的な 売り込みがあったり、またインターネット上でフローリングのメンテナンス対策を調べている中で ワックス・コーティングの情報が氾濫・・正しく理解できないうちに、フローリング業者へ依頼して しまうといった出来事が多くなっているようです。

まず知っておいてほしいのは、「フロアーコーティングに関連したトラブルがとても多いということ」。 フローリングのメンテナンスは正しい知識を持った上で、管理方法を選択していくことがとても大切な 要素となるのです。ここでは、そんな「フローリングのメンテナンス対策」に関する情報をご紹介した いと思います。

引越し前の「フローリング」対策〜ワックス・コーティングの正しい知識

ワックス ここでは、あえてあまり難しいこと(科学成分の知識など)には触れずに、単純に現状把握と結論 が認識できるような表現で記していきたいと思います。(わけがわからなくなっては意味がありま せんからね)

まず現状認識の上で、必要な要素(理解しておく必要がある要素)には大きく2つの要素があります。

1)フローリングの種類と特性について。
2)「ワックス」と「コーティング」の区別とコーティングの種類。


これらに関して正しい知識を持っておくことが、トラブルを起さないことに繋がる大切な要素となり ますので、しっかり理解しておいていただければと思います。
その前にひとつだけ”言葉”の使い分けに関して話しをしておきたいと思います。ここで記している 「ワックス」とは、簡単に言えば市販品で、自分自身で日常的にフローリングメンテナンスとして 活用するものであり、基本的に1年〜2年ごとに塗り替えを行うもの。そして、「コーティング」とは 専門業者によって施工されるもので、一応10年以上の耐久性が維持されるものとして販売されている もののことを示していると考えていただければと思います。

本来「フロアーコーティング」というものは、通常の”ワックス”なども含む用語なのですが、一般的 に言葉の使い分けがとても曖昧な状況となっていますので注意が必要なのです。


■フローリングの日頃のお手入れアイテム。
フローリングワックスシート
ワックスシート


ワックスの”艶””効果”を少しでも長く持たせるために 開発されたのが「ワックスシート」です。一ヶ月に一度程度 の簡単お掃除にこのシートを専用モップに取り付け床拭きする だけで、汚れ除去とワックス付与ができる優れもの。 主原料は「ローズマリー」「亜麻」「ユーカリ」「オレンジ」 等から抽出した植物油に、カルナバ蝋や蜜蝋等、100%天然原料 でてきた商品ですので体にとっても安心できるアイテムです。

■スポンサードサイト

フローリングの種類と特性

フローリング 現在「フローリング」と呼ばれているものには、大まかに2種類のフローリングに分類できます。 「無垢材フローリング」と「複合材フローリング」です。さらに複合材フローリングにもその素材 によっていくつか種類があるのですが、こちらも要点を絞ると2種類に分類できますので、実質 フローリング材には下記の3種類があるものと考えていただければと思います。
1)無垢材フローリング・・・無垢材でできているフローリング材。
2)複合材フローリング『木質系』・・・基板に「複層板材」、仕上げ表面材に「突板(木)」を使用。
3)複合材フローリング『シート系』・・・基板に「複層板材」、仕上げに「プリントシート」を使用。


また、フローリングの施工方法(床構造)による違いが2種類あります。
1)ニ重床方式・・下地に根太組をして合板貼り、その上にフローリング材を貼る方法。
2)直床方式・・フローリング材を直接床材(RCスラブなど)に貼る方法。ゴムクッション付き。


このような種類と違いがあるのです。まずは、皆さんの住宅がどの種類のフローリングとなっているか を調べておくことが大切。組み合わせから下記の6通りのパターンがあることになりますのでどれに 当てはまるかを確認しておきましょう。

A:無垢材フローリング+ニ重床方式
B:無垢材フローリング+直床方式
C:複合フローリング「木質系」+ニ重床方式
D:複合フローリング「木質系」+直床方式
E:複合フローリング「シート系」+ニ重床方式
F:複合フローリング「シート系」+直床方式


続き(NEXT)→ワックス・コーティング種類と特性