住空間「引越し準備」要素TOP

スポンサードサイト

”引越し前”に準備しておきたい「住空間・住居」に関する知恵情報

引越し 転勤や新居購入などに伴っての「引越し」はなにかと大変なものですよね。 あらためて見てみると、自分の家にある「物」の多さに愕然としたりするもの です。

それでも近年「引越しサービス」の向上が目覚しく、”家財の梱包”なども引越し業者 が行ってくれるサービスなども出てきています。もちろん引越し先での”家具配置”は もちろんのこと、 ”洗濯機の接続””エアコンの設置”などにも対応してくれるものがありますからね。 そういう意味では、「引越し」自体の負担はかなり軽減されてきています。
ただ、案外見落とされがちな「引越し準備」として、『住宅・住居空間に関する準備』 要素があるのです。近年、住宅に関する技術・建材・設備・構造などは多様性が深まっており、 住宅に住まう上で必要な「知恵・知識」も多様化しているのです。しかし、一般的にはほとんど「住空間」 に関する知恵・知識を有している人は少ないのが実状なんですよね。それは、住宅を提供(販売など)する 側の説明不足に起因しているものと感じています。

「今使っているエアコンをそのまま引越し先に持っていっても、取り付けることができない のかもしれないんですよ」

それは、エアコンのサイズも多様化しているのに加えて、住宅側のエアコン設置場所が限定されている 上、設置範囲がかなりギリギリの大きさとなっていることが多いからです。カーテンレールを新しい ものに取り替えたら、そのレールにぶつかってしまうためエアコンが設置ではないなんてことも 多々あるのです。それだけではありません。 室外機へと配管を繋げるための壁の穴(スリーブ)サイズが持っているエアコンに必要なサイズと なっていないのかもしれないんです。

とにかく、引越し前には、引越し先の「住宅空間」に関する知識・情報を沢山理解しておく必要が あるのです。当サイトでは、そんな「住空間」に関する引越し準備に必要な知恵・知識・情報を ご紹介したいと思います。トラブルの無い、引越しとするために、ご参照いただければ幸いです。

中古マンションの選び方 の特集はこちら。


■引越し業者選びは「相見積」を。
一括比較「引越し会社」無料お見積もり
引越しは「地域・季節・時期・曜日」によって価格及びサービス内容が異なるものです。 ですからかならず、引越し規模期間を定めた上で「大手業者」と「地域業者」を組み合わせた 形で4社以上から”見積もり”を取ってないよう比較することをおすすめいたします。
希望日の予約状況によって、通常価格の10〜30%OFFとなるだけでなく、様々なサービスが 付属することがありますからね。

下記に引越し業者へ一括で見積もり比較できるおすすめサイトをご紹介しておきます。


口コミで評判のいい引越会社をご紹介!無料お見積もり!

■スポンサードサイト

冷暖房器具(エアコン)の設置に関して”気をつけておくべき”ポイント

エアコン 専門家ではない引越し業者による”エアコン取り付け”サービスなども増える中、 「エアコン設置」に関してのトラブルも多くなっています。エアコンの機種・サイズ などの多様化に加えて、エアコン設置場所の壁構造(下地の有無など)も多様化している ことがそれらの要因となっているのかもしれません。

ここではそんな「エアコン設置」に関する引越し準備として知っておきたい要素をご紹介 いたします。
エアコン設置に関する「知恵」情報のページはこちら

フローリングの管理(ワックス・コーティング)に関する知恵情報

フローリング 今、分譲・賃貸に関わらず住宅の床仕様として「フローリング材」となっている住宅が 増えています。そんな状況の中、フローリング材のメンテナンス(管理)方法に関して 多くのトラブルが発生しています。「フローリングのコーティング」といった商品も 開発されると共に、技術不足・知識不足・情報不足に起因するようなトラブルが起き、 裁判沙汰となるような出来事も多々存在していることをぜひ知っておいていただきたいと 思うのです。
ここでは、そんな「フローリング」に関する引越し準備情報・知恵・知識の要素をご紹介 いたします。

”フローリング”に関する「知恵」情報のページはこちら

シックハウス症候群にならないための「家具選び」に関する知恵情報

家具 新築の戸建て住宅やマンションへ引越しするときには、特に注意しておきたい要素として 「シックハウス症候群にならないための家具選び」があります。これは中古住宅であって も注意しておきたい要素なのですが、新しい住宅ほど「建物の機密性が高く」なっており 、住居に持ち込む”家具”に含まれる化学物質の影響が大きくなりやすいのです。

近年、あまりニュースなどで取り上げられることが少なくなっていますが、けして シックハウス症候群がなくなっているわけではなく、化学物質化敏症やアレルギー体質 など他の疾患との兼ね合いもあり、複雑化した形で症状に悩まされている人は多く 存在しているのです。

新居への引越し準備のひとつとして、「化学物質と家具・カーテンなど」に関する 対策もきちんと施しておくことが大切なのです。そんな『家具』に関する知恵情報を ご紹介いたします。


”家具選び”に関する「知恵」情報のページはこちら

”引越し前”の住宅状態を専門家の目でチェック

内覧会検査 新居への引越しを控えて、忘れてはいけないのが、今の「住宅・住居の状態チェック」です。 住宅の躯体精度に問題はないのか・・。設備機器などに不具合はないのか・・を事前に確認して おくことはとても大切なこと。入居してから不具合を発見しても、全てが無償で直してくれる とは限りませんよね。入居してしまってからでは、居住者が不具合を引き起こす要因を作ったと いわれてしまうことも存在するからです。

そんなトラブルに見舞われないようにするためにも、入居前に状態確認をしておくことが大切。 できれば、一般の人ではなかなか気がつかない・見つけられない要素もあるので、専門家の目 でチェックしてもらうことをおすすめいたします。 そんな事前の住宅チェック・検査に関する情報をご紹介いたします。


一戸建て・マンション内覧会の「一級建築士」同行検査 のページはこちら


スポンサードサイト

「引越し」時の荷物整理には、「宅配買取サービス(リサイクル)」を活用しましょう。

リサイクルは宅配買取サービスNO.1のネットオフ
引越し前には、なにかと「不用品」が沢山あることに気がつくものです。一気にゴミだし処分 するのが通常ですが、そんな時にちょっとお得なサービスを活用してみてはいかがでしょうか。 それが「宅配買取リサイクル」です。
リサイクル業者も多々ありますが、大半は「ブランド物」だけの買取となっていることが 多いのですが、「ネットオフ」 では、一般的に生活日常品も買取してくれます。ですから、どうせ捨ててしまうつもりであれば、 いろんな物を箱詰めて、そのまま買取サービス宛に無料で配送すると・・結構それなりの「お金」が 生み出されてくれますので、本当におすすめですよ。ネット上での買取サービスのほうが実店舗を 構えているところよりも、高い値段で買い取ってくれるのがポイント。 活用して損はありませんから。

リサイクルは宅配買取サービスNO.1のネットオフへはこちらから

引越し時の後始末。前住居のお掃除は「ハウスクリーニング」を依頼しましょう。

ハウスクリーニング業者選び「見積もり比較」
引越しの時に忘れてはいけないのが、引越し前の住居の掃除。少なくとも「キッチン・浴室・洗面所・WC」 といった水回りはきちんと掃除をしておきたいものです。賃貸住宅であっても、持ち家であってもそれが マナー。気持ちよい状態に整えてから、引越しをしていくことで「引越し先」での運気も向上していくもの。

引越ししてからトラブルが続き・不運が続く・・という時には、前住居ほきちんと整えていなかったことが 要因となることも多々あるのですから。

ただ、引越し準備として「水回りの掃除」を自分で行おうとしたらとても負担が大きいものです。 そこでおすすめなのが「ハウスクリーニング業者」を活用すること。下記から各地域・・それぞれで 適切なハウスクリーニング業者が選べるように「一括して見積もり依頼」できるサービスがありま す。もちろん無料ですよ。ぜひ、見積もり比較して、ハウスクリーニングを活用してみてはいかがでしょうか。


ハウスクリーニング業者選び「見積もり比較」はこちらから